WordPressサイトの高速化に効果のあったCDN(Cloud Flare)とプラグイン

WBN

年末に当社が運営しているウェディング業界のためのニュースサイト「ウエディングビジネスニュース」について、ユーザビリティ改善を目指し、表示速度のチューニングに取り組んだ。

チューニングといっても、サーバはレンタルサーバで、Apache の設定を変更することができるわけでもなく、手を入れることのできる範囲は限られている。

また、こうした技術的な取り組みは、そのままお客様のサイト構築をする時のノウハウ蓄積に繋げたいと考えてやっているので、本番サイトではありながら、ほぼ実験台としてやっている。

とはいえ、めざましい成果が出たので、実際にやってみたことを以下にてまとめておく。

 

CloudFlare の導入

最近、あちこちで耳にするようになったCDN(Contents Delivery Network)

ウェブのコンテンツを、インターネット上の複数のサーバにキャッシュするなどして、一箇所のサーバにアクセスを集中させず、分散させることによって、ネットワークの高速化や、安定化をする仕組みらしい。

無料で利用ができる Cloud Flare というサービスがあるというので、ものは試しにと導入してみた。

※ 参照サイト:「CloudFlare」で無料で簡単にWordPressをさらに高速化する方法!

CloudFlare でアカウントを作成したら、ウェブサイトを追加

このとき、対象ドメインのネームサーバをCloudFlareの指定するものに変更せねばならない。

これは、既存のサーバを閲覧しに行くのではなく、キャッシュされたサーバ(たぶん、複数あるのだろう)を見に行くようにするため、CloudFlare が指定するネームサーバに変更するということだろう。

したがって、対象サイトのドメインで、サブドメインを利用している場合は、Cloud Flare にもその情報を追記せねばならない。

そうしないと、あれ?あのサイト(ページ)が見えなくなった・・・ということが起こりうるのだ。

 

さて、CloudFlareの設定だが、まだよくわかっていない。

しかし、ロケットローダー(ウェブ最適化)という機能は「自動」にしただけで、劇的に早くなった!!

cloudflare_settings

 

さて、CloudFlare にキャッシュし、ネームサーバをCloud Flare指定のものに変更しただけでは、キャッシュの更新タイミングが運用するWordpressサイト(今回の場合はウェディングビジネスニュース)の更新タイミングと同期が取れない。

同期が取れないと、せっかく記事がアップされているはずなのに、キャッシュされていないが故に、その記事がブラウザに表示されないという現象が起こる可能性がある。

記事を作成、公開する度に、CloudFlare の管理画面にて、Cache の Perge を手動で行うということもできるが、いちいちそんなことやってられないだろう。

そう思ったら、何とWordpress を高速化するプラグイン W3 Total Casche には、Cloud Flare のキャッシュ同期機能があるという記事を発見!

そこで、CloudFlare導入のついでにと、高速化プラグインについて見直すことにした。

 

W3 Total Cache

様々なコンテンツをキャッシュして高速化してくれるプラグイン

実は、今までは、WP Super Cache を使っていました。

今回、高速化を目指して色々調べていくうちに、無料のCDN サービスである「Cloud Flare」を使いたいと思い、Cloud Flare と連動できる WP Super Cache へ乗り換えてみたら、ばっちりと成果が出た。

設定は以下の通り

※ 参照サイト:WordPressをW3 Total CacheとNginxを使って400%高速化したよ

 

WP File Cache

以前から導入していたプラグイン

特に設定変更は行わず。

wp-filecache

 

Head Cleaner

従来から使っていたプラグイン

現在使っているテーマファイルが悪いのか、W3 Total Cache を導入したら、サイトのデザインがおかしくなってしまった。

そのため、今までは、「CSS とJavascriptをサーバ上にキャッシュする」にチェックを入れていたのだが、これを外した。

下記の設定のようにほとんどの項目からチェックを外しているので、これでは成果はないだろうと思ったのだが、プラグインそのものを無効化した場合よりも、0.3秒早くなっているので、このまま利用することにした。

 

※参照サイト:WordPressが早くなるプラグイン Head Cleaner

 headcleaner2

 

 WP Hyper Response

これも以前から導入していたプラグイン

インストールするだけで特に設定することなし(設定項目は管理画面にも存在しない)

※ 参照サイト:『WP Hyper Response』知識ゼロでWordPressサイトを高速化させる方法.

 

MO Cache

従来から導入していたプラグイン

インストールするだけ。(設定画面も存在しない)

※ 参考サイト:WordPress をたった3分で3倍高速化する方法 [MO Cache]

 

 

 チューニング結果

以上を実施したところ、サイトの速度を計測してくれるサイト GTmetrix で結果を確認したところ、劇的な成果が得られた

チューニング前

before_tuning

チューニング後

After_tuning

 

 

トップページ表示に、4.74秒かかっていたのが、チューニング後は1.19秒!!

いや~たまげた。

これほどまで成果が出るとは思わなかったよ・・・。

やってみるもんですな~。

 

 

The following two tabs change content below.

岡本 興一

クライアント経営者からは「カウンセラー」と呼ばれている自称「IT活用コンサルタント」。 ホームページ制作の依頼があっても、経営改善のための社長カウンセリングが始まり、なかなか制作が始まらないということで有名。 1971年生まれ。国立大阪大学工学部卒業。 ネットとITに詳しい経営者のサポーターで、仕組み作りのプロフェッショナル。 PHS販売数日本一の通販サイトや、圧倒的な売上を作るホテルのサイトなど多数プロデュースし、インターネットやITを経営に役立てるためのノウハウを常に仕入れ、実践しているだけでなく、経営に関する様々なノウハウ、メソッドの研究を行っており企業の「戦略」策定能力には定評がある。 保有資格:ITコーディネータ / CompTIA e-Biz+ / TCAE /公認情報セキュリティ監査人 / 情報セキュリティアドミニストレータ / CSMS(米国SEW認定SEO/SEM スペシャリスト)など多数
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] 年明けに、WordPressサイトの高速化に効果のあったCDN(Cloud Flare)とプラグイン というエントリーに記載したが、ウエディングビジネスニュースというサイトにおいて、複数のプラグインの […]

関連記事

結構危険! フリースポット(無料無線LAN, フリーWi-Fi)
NAS Linkstation LS-WX2.0TL/R1J の故障~2TB×2本(RAID1)に容量増加して復旧
企業のWebサイト(ホームページ)構築にWordPress をオススメする理由
Twitter アカウントを、ウエディング業界向けのキューレーションサービス提供窓口にしてみた
なぜ戦略を立案しても達成することができないのか?
し、知らなかった・・・Gmail の検索で、OR は or と小文字にしてはいけない
今見ているサイトについてTwitterでつぶやく際に短縮URLを簡単に作成してくれるFirefoxアドオン「Cutyfox URL Shortener 」が便利!
8年愛用したマウスが突如故障!!
Jugem から WordPress へのデータ移行方法
WordPressサイトの機能追加には、WordPress本体の改造ではなく、プラグインを用いるべき
d3blog→MovableType へのデータ移行
Twitter でのつぶやきをWordPress のウィジットエリアに表示させる
これは便利! メーカーさんにはデフォで採用して欲しい、ホイールのないトラックボールを快適にするフリーソフト
悪徳?SEO対策業者からの仰天回答が今頃届いた!(続報:なんで、IT業界、ウェブ業界って、いつまでもこんな業者が多いんだっ!)
なんで、IT業界、ウェブ業界って、いつまでもこんな業者が多いんだっ!

Menu

HOME

TOP