「体脂肪15.6%は、やっぱり間違いだと思うのでもう一度計測させてください」って言われたけど、再計測してもやっぱり変わらなかった

inbody_result_01_600x373

昨年末にジムでInbody(体組成)分析をしてもらったら、何かの間違いだと思うが、体脂肪率15.6%という結果が出てびびりまくり・・・だった。

お腹周りにこれだけの贅肉がついているにも関わらず、この数字は良すぎるだろう!ってのは、自分でも思っていたのだが、今年初めてジムに行ったら、「体脂肪15.6%はやっぱり間違いだと思うのでもう一度計測させてください」と言われてしまった。

わかっちゃいるけど、他人に言われるとなんだか傷つくのはなぜだろう?

で、早速再計測したのだけれど、数値にほとんど変化なし。

 

昨年末の計測の結果、数字がこれだけいいのにも関わらず、お腹周りについている贅肉を落とすために、今までとは異なるトレーニングをしなくては!と思い、プロの指導を受けたいと思って、トレーニング指導の予約を入れたわけだ。

昨年末計測してくれたスタッフは、「うーん、有酸素運動を増やして、食事制限するしかないでしょうね・・・」と言っていたのだが、昨日のトレーナーは異なる意見だった。

「現在の身体でも、痩せやすい身体になっているはずなので、食事制限をするだけでいいと思います」

うーん、昨年からけっこう、食事制限がんばっていてね、炭水化物と脂肪はできるだけ摂取しないようにしているんですけど・・・

 

と伝えると、「へ~っ、そうですかっ! すごいですね」とコメントが返ってきたけれど、じゃあどうするか?と言うと、なかなか難しいらしい。

 

で、トレーナーから受けた指導は、基本的に筋トレの強化の実施と、一部メニューの変更だった。

「有酸素運動は時間が余っているならいいけれど、脂肪を消費するという観点では効率が悪い。」

そこで、「現在の筋トレで負荷を上げて、筋肉量をもっと増やしてください」とのこと。

 

また、今まではやっていた腹筋運動はあまり意味が無いことが発覚!

なんと、腹筋台を使った運動は、腹筋はほとんど使われておらず、股関節近辺の筋肉がメインであると教わりました。

 

かつて、指導してくれたパーソナルトレーナーからは、腹筋鍛えてもお腹は凹まないと言われいたのだけれど、脂肪がお腹周りに集中している状況から考えて、お腹周りの筋トレも併用した方が効果が上がるという。

で、腹筋台を使ったトレーニングをやめて、以下のトレーニングを取り入れるとよいという指導をもらった。

クランチ

サイドベンド

 

やったことが無かったので、かなりきつい・・・・。

traningmachine

トレーナー曰く、「筋肉痛が起きないトレーニングはあまり意味がないので、必ず筋肉痛が起こるくらい負荷をかけてください」とのこと。

そういえば、この1年、筋肉痛て感じてないな・・

じわりじわりと筋力アップしていて、ウェイトもじわりじわりと重くなってはきたけれど、ここらで一発がんばなあかんみたい。

 

なお、体重とか体脂肪率ではなく、ウエストの長さをスコアリングしていくのがよいらしい。

肉体改造、2nd Season 始まりました。

The following two tabs change content below.

岡本 興一

クライアント経営者からは「カウンセラー」と呼ばれている自称「IT活用コンサルタント」。 ホームページ制作の依頼があっても、経営改善のための社長カウンセリングが始まり、なかなか制作が始まらないということで有名。 1971年生まれ。国立大阪大学工学部卒業。 ネットとITに詳しい経営者のサポーターで、仕組み作りのプロフェッショナル。 PHS販売数日本一の通販サイトや、圧倒的な売上を作るホテルのサイトなど多数プロデュースし、インターネットやITを経営に役立てるためのノウハウを常に仕入れ、実践しているだけでなく、経営に関する様々なノウハウ、メソッドの研究を行っており企業の「戦略」策定能力には定評がある。 保有資格:ITコーディネータ / CompTIA e-Biz+ / TCAE /公認情報セキュリティ監査人 / 情報セキュリティアドミニストレータ / CSMS(米国SEW認定SEO/SEM スペシャリスト)など多数
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP