SWOTは戦略案を抽出するためにこそ有益な資料になる(TOWS分析のやり方)

SWOT分析は経営戦略策定をする時、まずは自社を知るためにやる。

ところが、なぜか分析をした後の戦略案を検討するとき、このSWOT分析のことを忘れてしまっている人が多いのに驚く。

これでは、何のためにSWOT分析をやったのかわからなくなる。

 

そこで、SWOT分析の結果を用いて、戦略案を検討するために、TOWS分析という手法がある 

※ 人によっては、SWOTのクロス分析と呼ぶ人もいる。

 

 

TOWS

戦略案は、SWOTと同様に、複数人で検討し、ブレインストーミングと親和図法(KJ法)を用いて検討するとよい。

その手順は以下である

 

  1. SWOT分析で明確にになった自社の特徴から2つの特徴をピックアップし、その特徴を活かした(対応した)戦略案を検討する
    • 2つの特徴は、SWOTそれぞれの異なる象限にあるものを選ぶことが望ましい
      (例、一つはSから、一つはOから、一つはWから、一つはTから)
    • 戦略案は付箋に「○○は□□である」と主語+述語の単文形式で記載していく
    • 付箋1枚につき、1つの戦略案にすること
    • 戦略案を考えるとき、1人20件以上は案を出すこと
    • ピックアップしなかった特徴があれば、無理にでも取り上げ、案を考えることで、他社が考えつきにくい戦略案を見つけることができる場合がある。
  2. 抽出した戦略案を親和図法(KJ法)によってまとめていく
    • 新しい案が浮かべば積極的に追加する
    • 人の意見を否定しない
    • この時点では無理にまとめる必要は無く、異なる戦略案として残すことも有益である

 

なお、強みと弱みの2つを活かした戦略(SW戦略)、機会と脅威の2つを活かした戦略(OT)戦略というのは、滅多に成立しない。

一般的な企業において、「弱み」を克服するのに必要となる労力、資産は、強みを活かすために必要となるそれよりも圧倒的に多くなる。

そもそも、経営資源が限られている中小企業においては、効率という観点から言っても、強みを活かす戦略をとった方が、はるかに成功しやすい。

 

極端なことを言えば、よほどのことが無い限り、WO戦略、WT戦略を採用することはないので、それほど戦略案を抽出するのに時間や労力をかける必要はないとも言える。

 

なお、この分析の時点では、あくまでも戦略「案」を抽出するためのものであって、何を採用するかまでを決めなくてよい。

たくさんの幅広い案を出すことで、とれる戦略の幅が広がるので、数にこだわるとよい。

The following two tabs change content below.

岡本 興一

クライアント経営者からは「カウンセラー」と呼ばれている自称「IT活用コンサルタント」。 ホームページ制作の依頼があっても、経営改善のための社長カウンセリングが始まり、なかなか制作が始まらないということで有名。 1971年生まれ。国立大阪大学工学部卒業。 ネットとITに詳しい経営者のサポーターで、仕組み作りのプロフェッショナル。 PHS販売数日本一の通販サイトや、圧倒的な売上を作るホテルのサイトなど多数プロデュースし、インターネットやITを経営に役立てるためのノウハウを常に仕入れ、実践しているだけでなく、経営に関する様々なノウハウ、メソッドの研究を行っており企業の「戦略」策定能力には定評がある。 保有資格:ITコーディネータ / CompTIA e-Biz+ / TCAE /公認情報セキュリティ監査人 / 情報セキュリティアドミニストレータ / CSMS(米国SEW認定SEO/SEM スペシャリスト)など多数
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

なぜ、経営計画(経営指針)が必要なのか?
戦略は明瞭で誰でも理解・実行できなければならない
これが当社の戦略ですと言うので聞いてみたら・・・・・よくある?勘違い
社員教育に力を入れれば他社との差別化を確実に実現できる理由
なぜ戦略を立案しても達成することができないのか?
なんで、IT業界、ウェブ業界って、いつまでもこんな業者が多いんだっ!
戦略と戦術の違い
戦略とは二者択一である(城野宏)
平野部(長距離)で戦うな。ゲリラ戦(接近戦)に持ち込め!
普通のやることリスト(To Do List) のほとんどは「できないことリスト」になってしまう
弱点を克服しようと考えてはいけない
悪徳?SEO対策業者からの仰天回答が今頃届いた!(続報:なんで、IT業界、ウェブ業界って、いつまでもこんな業者が多いんだっ!)
戦略とは何か? ~ なぜ戦略を立案しても達成することができないのか? Part2 ~
多くの中小企業が抱えている正しい戦略を立案、実行することを阻害する要素
MGではどういうこと??~BSCと経営計画

Menu

HOME

TOP