明元素カウンセラー

meigenso_smile_250x250神戸市灘区で創業120年を超える”日本でいちばん笑顔になることができるお米屋さん”「いづよね」さんの4代目社長「川崎康雄」さんに、新たな肩書きを授けてもらった。

なんと、「明元素カウンセラー」だって!!

なんだか照れる。でも、めっちゃ嬉しい!!
歳を重ねる度に「明元素」のパワーを実感しているし、自分自身が、まだまだ「明元素」の達人になれていないと思うけれど、「少しでも『明元素』な人を増やしたい」と思う気持ちは日々高まっている。

そんな中、いろんなご縁をいただいた方々から、「お前はコンサルやけど、コンサルちゃう」と言われてきた。

ま、自分を含めて、中小企業経営者ってのは、だいたい次のようなイメージがある。

  • 「コンサルタント」って聞くと「うさんくさい」
  • 「コンサルタント」って何をしてくれる人かよくわからない
  • 「コンサルタント」って言ったって、実際には言いたいこと言っているだけやん。

で、ある知人から「お前はカウンセラーや」と言われたことをきっかけに、コンサルタントと名乗ることをやめ、「カウンセラー」と名乗るようにしてた。

曰く、「お前は経営者の心理的な不安、相談に応えてくれる存在だから、カウンセラーという肩書きが一番しっくりくる。実際にはカウンセリングしてくれた内容が、コンサルティングになっているので、問題は解決するけど、コンサルのうさんくっさはない」とのこと。

そしたら、今日、新たな肩書きとして「明元素カウンセラー」という照合を戴いた。

肩書きに負けぬよう、「明元素」を極めるため、精進せねば!!

ありがとう、恭雄ちゃん!!

 

 

The following two tabs change content below.

岡本 興一

クライアント経営者からは「カウンセラー」と呼ばれている自称「IT活用コンサルタント」。 ホームページ制作の依頼があっても、経営改善のための社長カウンセリングが始まり、なかなか制作が始まらないということで有名。 1971年生まれ。国立大阪大学工学部卒業。 ネットとITに詳しい経営者のサポーターで、仕組み作りのプロフェッショナル。 PHS販売数日本一の通販サイトや、圧倒的な売上を作るホテルのサイトなど多数プロデュースし、インターネットやITを経営に役立てるためのノウハウを常に仕入れ、実践しているだけでなく、経営に関する様々なノウハウ、メソッドの研究を行っており企業の「戦略」策定能力には定評がある。 保有資格:ITコーディネータ / CompTIA e-Biz+ / TCAE /公認情報セキュリティ監査人 / 情報セキュリティアドミニストレータ / CSMS(米国SEW認定SEO/SEM スペシャリスト)など多数
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

なぜ戦略を立案しても達成することができないのか?
既存顧客を分析することでターゲットが見えてくる
ランチェスターの法則・戦略を学ぶ上でオススメの本
戦略は明瞭で誰でも理解・実行できなければならない
目標達成するためには、目標達成の定義を明確化せよ
多数ある戦略案から適切なものを絞り込む方法~戦略マップの作成~
MGではどういうこと??~BSCと経営計画
これが当社の戦略ですと言うので聞いてみたら・・・・・よくある?勘違い
なぜ、経営計画(経営指針)が必要なのか?
顧客の絞り込みができなければ経営理念を見直してみよう
ゲリラ戦(一騎打ち)に持ち込むには「絞り込み」が最も簡単ながら最強の威力を発揮する
MG参加メモ:2014年7月19日(土)~20日 (日) こうべMG
他の戦略策定に用いられるフレームワークとのBSC(バランス・スコアカード)との違い
弱点を克服しようと考えてはいけない
できることだけに集中しよう~ なぜ戦略を立案しても達成することができないのか? Part3 ~

Menu

HOME

TOP