バックナンバーコーナー:タイトル

レバレッジウエディング:選ばれている理由を勘違い(2010年02月26日)

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

 
 まだ幼稚園にも行っていない子どものころ、
 
 「どうして空は青いの?」
 
 と質問したら、父から、「光には屈折率というのがあって…」と
 科学的な理由を説明され、なぜかそれを覚えている岡本です。
 
 こうして、僕は理屈っぽい人間になったんですよね…。
 

     
 さて、先日の本コーナーで、
 
 ホームページでは、
 「自分たちが選ばれる理由」を明確にしなくてはならない
 
 と申し上げました。
 
 言い換えると、「自社の強み」が何か?を明確にし、
 その強みを訴求ポイントにしましょうということです。
 
 これを、USP (Unique Selling Proposition) と言います。
 
 当社がホームページ制作のお手伝いをするとき、
 必ず、このUSP探しをしていただくのですが、
 
 時々、自分達の強みをわかっていない
 式場様・会場様がいらっしゃいます。
 
 「いろんなお客様がいるので‘これ’と絞ることなんかできません。」
 「うちは、特長がなくて…」
 
 という式場様はとても多いです。
 
 これは残念です。
 折角よいところがあるのに、それに気づいていないのですから・・・
 
 あるいは、
 
 「うちはチャペルが強みなんです」
 「料理が人気なんです」
 
 とおっしゃる式場様もいらっしゃいますが、
 これも実は誤解であることがあるんです。
 
 すでに予約していただいたり、式を挙げていただいた方は、
 他にもたくさんの式場・会場があるのに、選んでいただいたわけです。
 
 他の式場・会場と、そんなに大きな差があるでしょうか?
 
 チャペルにこだわっているお客様なら、
 チャペルの素敵な式場・会場も見ておられます。
 
 料理にこだわりがあるなら、
 他の料理のおいしい式場・会場を見学されています。
 
 その中で選ばれたのです。
 その理由が何か?が大切なのです。
 
 本当の理由を明確にするには、お客様にお聴きするのが一番。
 それも本音を聞き出すアンケートがベストです。
 
 ある式場様では、
 
 「自分達の式場は、設備が古いことがネックだが、
   料理だけは負けない。それが強みです。」
 
 とおっしゃっていました。
 
 ところが、挙式を上げていただいた方にアンケートをとると、
 8割の方が、
 
 「伝統のある式場だからこそ選んだ」
 
 と回答されました。
 
 自分たちのUSPは料理だと思っていたのです。
 
 そして、式場の古さがウィークポイントだと思っていた。
 ところが、事実はその逆でした。
 
 さて、あなたの式場はいかがでしょうか?
 USP勘違いしていませんか?
 
 ブライダルコラム担当:サムシングフォー岡本興一

編集後記:

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

岡本 興一

クライアント経営者からは「カウンセラー」と呼ばれている自称「IT活用コンサルタント」。 ホームページ制作の依頼があっても、経営改善のための社長カウンセリングが始まり、なかなか制作が始まらないということで有名。 1971年生まれ。国立大阪大学工学部卒業。 ネットとITに詳しい経営者のサポーターで、仕組み作りのプロフェッショナル。 PHS販売数日本一の通販サイトや、圧倒的な売上を作るホテルのサイトなど多数プロデュースし、インターネットやITを経営に役立てるためのノウハウを常に仕入れ、実践しているだけでなく、経営に関する様々なノウハウ、メソッドの研究を行っており企業の「戦略」策定能力には定評がある。 保有資格:ITコーディネータ / CompTIA e-Biz+ / TCAE /公認情報セキュリティ監査人 / 情報セキュリティアドミニストレータ / CSMS(米国SEW認定SEO/SEM スペシャリスト)など多数
Copyright (C) Something4 Co.,Ltd. All Rights Reserved.