バックナンバーコーナー:タイトル

明元素が研修の効果を最大化する(2012年07月26日)

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

3人家族なのに、毎日5リットルものお茶を消費している我が家の状況に、どこかおかしいのでは??と不安になってしまう岡本です。

 

できるだけ冷房のスイッチを入れていないということもあり、汗がダラダラ。

そのため、水分補給は必要なのですが、これだけの量というのは正常なんだろうか?と少し不安です。

 

だって、3人家族といったって、一人はまだ2歳3ヶ月ですから・・・。

 

いよいよ花火大会の季節がやってきましたね。

 

昨年の自粛ムードだったのが、今年は華やかに!という大会も多くなっている模様ですね。

花火といえば、すごい人混みになると思いますが、一緒に行った人とはぐれても、携帯がつながらないこともあるみたいです。

人が多いからこそ、かえって寂しさを感じたりするもの。

「ひぇ~ ど、どこにいるの~。一人にしないで~」

 とならないように気をつけてくださいね。

 

私自身、セミナーや研修で講師をさせていただくことが多いのですが、いろんな研修に自分自身も参加しますし、セミナーもいろいろ受講します。

 

MQ戦略ゲーム(通称:MG)研修のインストラクターをしても、受講生として参加した時も、そこにいる人たちの顔や表情をみていれば、その研修の効果がどれだけ現れてくるか?が非常によくわかります。

 

それは、参加している人の顔が明るく、にこやかであれば、間違いなく成果につながるということ。

 

誰が言ったのかは知りませんが、「明るく・元気で・素直な」態度で臨めばどんな研修も、勉強もどんどん身につきます。

これを略して「明元素」と言います。

 

その逆が「暗病反(アンビョウタン)」「暗く・病的で・反抗的」態度のこと。

 

特にMQ戦略ゲーム研修のインストラクターをさせてもらう時、「会社からの命令でイヤイヤ来ました」という人が何人かいらっしゃることがあります。

MQ戦略ゲーム研修は、初めて参加した人には、ルールを覚えるのも大変だし、「決算書」を作るという作業が大変で、とても苦しいと感じる人が多いんです。

 

そのため、イヤイヤ来た人の中には、常に下を向いたままで、なんとなく顔色が良くなく、なんでこんなことしなければいけないんだ?と反抗的な人がいることがあります。

 

おもしろくないから、真剣に取り組みたくないと思っているのでしょうが、本当は、真剣に取り組まないからおもしろくないんですよね。

 

まるで鶏が先か、卵が先か?という議論に聞こえるかもしれませんが、訳がわからなくても、最初から明元素で取り組む人は、飲み込みがすごく早いものです。

人間、わからなかったことがわかるようになったり、できなかったことができるようになると、なんだか楽しくなるもの。

 

そして、最初から何でもできる人なんて、滅多にいないわけで、最初は誰でも同じようにできないはずなんです。

 

だから、とにかく素直にインストラクターや講師の言うことを受け入れ、そのまま実施する。

 

それが近道で、楽しくなるきっかけになるんです。

 

ですから、自分自身も、明元素でありたいと思いますし、そうでなければ自分も損だと思うんです。

 

また、明元素も暗病反も周囲に伝播、拡散、感染していきます。

 

より強い明元素は、弱い暗病反を駆逐しますし、逆に強烈な暗病反は弱い明元素をつぶしてしまいそうになります。

 

インストラクターや講師という人が、強い「明元素」で取り組んでいれば、受講生の人たちは自然に明元素になり、その研修を受講した人たちの研修の効果は非常に大きなものになります。

 

受講生の中に強い「明元素」で取り組む人がいると、周囲の人たちもどんどん「明元素」になっていくので、すばらしい研修になっていきます。

 

そうした強い「明元素」がいれば、「暗病反」は必ず駆逐できます。

全体の雰囲気が明元素になって、参加者全員が「変わる」んです。

 

私自身、まだまだできていないことが多く日々、修行ですが、できるだけ明元素でいられるように、忘れないように毎日を過ごしたいと思います。

編集後記:

Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

岡本 興一

クライアント経営者からは「カウンセラー」と呼ばれている自称「IT活用コンサルタント」。 ホームページ制作の依頼があっても、経営改善のための社長カウンセリングが始まり、なかなか制作が始まらないということで有名。 1971年生まれ。国立大阪大学工学部卒業。 ネットとITに詳しい経営者のサポーターで、仕組み作りのプロフェッショナル。 PHS販売数日本一の通販サイトや、圧倒的な売上を作るホテルのサイトなど多数プロデュースし、インターネットやITを経営に役立てるためのノウハウを常に仕入れ、実践しているだけでなく、経営に関する様々なノウハウ、メソッドの研究を行っており企業の「戦略」策定能力には定評がある。 保有資格:ITコーディネータ / CompTIA e-Biz+ / TCAE /公認情報セキュリティ監査人 / 情報セキュリティアドミニストレータ / CSMS(米国SEW認定SEO/SEM スペシャリスト)など多数
Copyright (C) Something4 Co.,Ltd. All Rights Reserved.