バックナンバーコーナー:タイトル

全く新しいコミュニケーションツールと考えよう(2014年02月22日)

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

プロポーズはドラマチックな演出一切「なし」だった岡本です。

事前に色々考えていたのですが、なぜか急にプロポーズすることになってしまい、全て無駄になりました・・・。

さて、何人かの人が、身につける携帯端末「Google Glass」をつけて、プロポーズをした時の瞬間の映像をまとめた動画が公開されています。

Marry me [through Google Glass]

プロポーズという人生の記念すべき一大イベントを記録することができるのはすごく面白いですね。

そして、全然知らない人ではありますが、人が喜ぶ顔を見るだけでもなんだか温かい気持ちになりますよね

Googleさん、素敵な動画をありがとう。

 


viber先週末に日本でニュースになったのが楽天がViberを買収というもの

楽天、Viberを買収、日本では固定電話への通話を無料化するキャンペーンも

 

Viber は日本ではそれほど有名ではありませんが、海外では結構有名なサービスで、世界で3億人以上のユーザがいると言われています。

いわゆる「無料通話/テキストメッセージング」を提供するサービスで、競合サービスとしては、日本最大手は「Line」です。

この「無料通話/テキストメッセージング」サービスというのはスマートフォンの普及に伴い、多くのサービス、アプリが登場し、激戦となっている分野。

日本では、「カカオトーク」「COMM」などの競合サービスがありますが、現在はLINEの一人勝ちと言える状態になっようで、最近は日本だけでなく、アジアや中東を中心に利用者数を伸ばし、世界で3億人を突破したと報じられています。

とはいえ、実はLINEはヨーロッパではかなりマイナーな存在で、欧州では「WhatsApp」というサービスが圧倒的に普及しており、ユーザー数は4億5千万人と言われています。

すると、今週19日にそのWhatsAPPをあのFacebookが買収というニュースが飛び込んで来ました。

Facebook、人気メッセージングアプリWhatsAppを買収へ–160億ドル

こうした買収報道があるということは、それだけ延びている分野であると言えるのは間違いないと思います。

さて、これらのサービスは登場当初は「無料通話」を売りとして普及活動が行われてきました。

しかし、現在は「メッセージング」を主たる目的として利用するユーザーが圧倒的多数を占めるそうです。

このメッセージング機能が、「遊び」の要素をふんだんにとりいれたSNSの性格をもたせることで、10代を中心に爆発的な普及を見せました。

Facebookが遊びよりもリアルな生活、ビジネスに直結したサービスとして発展したのとは対照的です。

さて、こうしたメッセージングサービスがこれだけ普及してくると、是非ビジネスに活用したいと考える人(会社)が出てくるようになりました。

だからこそ、楽天やFacebookは、サービス(会社)そのものを買収したのでしょう。

ただ、今までも新しいメッセージングサービスをビジネスに活用して・・・と考えた人はたくさんいましたが、それほど成功した事例は報告されていません。

ここからは私見ですが、これまでの失敗の多くは、「テキストメッセージングサービス」をビジネスにとり入れようと考え方ことは原因では?と思っています。

そうではなく、「遊びの要素が強いSNS」と捉えるべきではないか?と思うのです。

ウエディング業界でも、お客様の連絡にLINEを使っているという例を耳にするようになってきました。

テキストメッセージングサービスと捉えて使うと、遊びの要素が薄れてしまって本来の力を発揮できないなんてことが起きるかもしれません。

こうしたツールを使う場合は、従来のビジネスツールの延長や代替として考えるのではなく、「遊びの要素が強いSNS」として全く新しい使い方を検討した方が、より効果的になるのでは?と思うのです。

ただ、私自身がLINE等ほとんど利用していないので、じゃあ具体的にどんな使い方するの?と聞かれると困りますが・・・・。

もし、こんな面白い使い方しているよ!という方がいらっしゃれば、是非教えてください!

たぶん、43歳のおっさんではとうてい気づかない、すごい使い方があると思うのですが・・・

こんな使い方やってます!という方は、以下から是非ご連絡を!!

株式会社サムシングフォー:お問い合わせ

 

編集後記:ネットを使った会議なら

無料通話、テキストメッセージツールとしては、Skype が一番有名ですね。

「ビデオチャット」を使えば、複数人数でのテレビ会議が無料でできます。
音声と映像と、文字を組み合わせることができるので、使い出すと非常に便利です。

ただ、Skypeは以前にこんなことをやっていました。

SkypeのメッセージはMicrosoftに盗聴されている!! (2013年05月18日)

そんなわけで、個人的にはSkypeの利用を停止し、今はGoogleハングアウトか、Chatowork を使うようになりました。

Google ハングアウト

Chatwork

どちらのサービスも、PCには専用ソフトインストールは不要ですし、アプリを導入すればスマートフォンでも使えます。

もちろん、複数人でのビデオチャットも、テキストメッセージングもできますし、ビジネスで使うコミュニケーションツールとしては、非常に使いやすいのでオススメです。

ネットを使った会議なら、試してみて損はないと思います。

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

岡本 興一

クライアント経営者からは「カウンセラー」と呼ばれている自称「IT活用コンサルタント」。 ホームページ制作の依頼があっても、経営改善のための社長カウンセリングが始まり、なかなか制作が始まらないということで有名。 1971年生まれ。国立大阪大学工学部卒業。 ネットとITに詳しい経営者のサポーターで、仕組み作りのプロフェッショナル。 PHS販売数日本一の通販サイトや、圧倒的な売上を作るホテルのサイトなど多数プロデュースし、インターネットやITを経営に役立てるためのノウハウを常に仕入れ、実践しているだけでなく、経営に関する様々なノウハウ、メソッドの研究を行っており企業の「戦略」策定能力には定評がある。 保有資格:ITコーディネータ / CompTIA e-Biz+ / TCAE /公認情報セキュリティ監査人 / 情報セキュリティアドミニストレータ / CSMS(米国SEW認定SEO/SEM スペシャリスト)など多数
Copyright (C) Something4 Co.,Ltd. All Rights Reserved.