バックナンバーコーナー:タイトル

重要な順番は「体・技・心」(2014年04月01日)

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

TANITA 体組成計 左右部位別インナースキャン50V シャイニーシルバー BC-621-SS昨日、ジムで体組成分析を行ってもらったところ、体脂肪が3ヶ月前より1kgだけ減っていた岡本です。

結構がんばっていたつもりなのに、たった1kgなんて・・・・・・

やっぱり43歳という年齢が原因でしょうか?
まだまだストイックにやらないといけないようですが、心が折れそうです。

気がつけば、あっという間に4月!
今日から新入社員が入ってくるという会社さんも多いはず。

若い仲間が増えれば、活気が出てきますから楽しみですね。
前向きな新入社員を見ると、もしかしたら忘れていた大切なことを思い出させてくれるかもしれません。

若い奴らに負けないぞ!と張り切っていたら
「ぎ、ぎっくり腰が・・・」
とならないように気をつけてくださいね。

 


采配日本の多くの会社にとって4月1日は、新卒が入社する日ですね。

このメールマガジンを読んでいただいている方の中にも、今日から新卒がやってくる!という人もいらっしゃることでしょう。

新入社員にとっては、今日という日は夢と希望と不安でいっぱいの一日。

私も20年前に新社会人になった時がそうでした(何だか遠い目・・・・)。

あまりにも前の話なので、記憶はかなり薄れていますが、それでも、ドキドキしながら会社に行ったことを思い出します。

さて、日本は長い不況に襲われ、その間に伝統的な終身雇用が崩壊したと言われていますし、何よりも、30年後に入社した会社が存在していないという確率も高くなっています。

また、サラリーマンの平均年収は毎年下がり続けてきましたし、多くの会社でリストラが行われてきました。

そんな中で、若い社員の採用をしたわけですから、企業にとっては、新卒として入社した人達を戦力として活用したいと考えています。

もちろん、新卒社員は入社した直後は収益を産む存在ではありません。

会社は将来利益を生み出す存在になってもらうために、先行投資として採用、雇用をしているのです。

投資ですから、いつか回収した上、投資した以上の収益を生み出してもらわねば困ります。

それは、できる限り早期に戦力になってもらうように育ってもらわねばならないということです。

では、戦力になるとはどういうことか?というと、スポーツや武道などで言われる「心・技・体」のレベルが高いということになると思います。

ところが、最初に出てくる「心」のレベルを上げるのは、最も難しいものです。

通常は「心・技・体」の順番で聞く言葉ですが、実は「習得しやすい順番」になると、逆の「体・技・心」になるのです。

当然、心が強い人の方が、技も体もレベルアップしやすいのは間違いありません。

しかし、一部の天才を除き、強い心は強い体がなくては宿らない。
レベルの高い技はレベルの高い体でなければ身につきません。

また、技術があれば精神面をある程度カバーすることが可能です。
そのため、少しメンタル面が弱くても、技術があれば勝負で勝ちやすくなります。

そして、強い「体」と高度な「技」を身につければ、強い「心」は後から付いてくるものです。

この考え方は武道やスポーツも仕事も同じだと思います。

一般的に、スポーツをやり始めた頃、基礎体力作りと素振りばかりやらされるもの。

そうして、まずは「体」を作り「技」を身につけてから、「心」が身につくという順番です。

これと同じく、会社にとっての戦力になってもらうためには、「体・技・心」の順番が早い。

ということは、新卒はまず「体」作りに注力するのが最も効果的です。

この場合の「体」ですが、体力という意味だけでなく、仕事のリズムをしみこませるという意味もあります。

学生自体とは生活のリズムは間違いなく異なります。

仕事で良いパフォーマンスを発揮するために必要な健康状態をを維持し、集中力を最大化させるリズムを身体にしみこませるというのも、「体」を作るという意味に含まれます。

「技」については、仕事の手順、作法、ルール等々、繰り返し、失敗をすることでマスターできます。

間違っても、1度やり方を教わればできると勘違いしないことです。

そんなことができる人なら、東京大学やハーバード大学など、凡人では入学できない大学へ進学できるはずです。

しかし、たとえ凡人でも、繰り返し練習すれば、誰でも必ずできるようになるものです。

仕事を身につけるためには、「体・技・心」の順番が重要なのです。

なお、スポーツの世界では、一流選手や一流の監督と言われる人達が、同じことをおっしゃっています。

例えば、中日ドラゴンズ監督の落合さんはその著書「采配」の中で、「確かに『心技体』が最も語呂がいい。ではこの3つの要素を大切な順番に並べるとどうなるか。私は『体・技・心」になると思う」と述べられています。


スポーツのみならず、ビジネスマンにとってもすばらしい気づきをくれるこの本は読んでみて損はないですよ。

編集後記:春は長く続いて欲しいけど

花粉軽減フレーム 花粉対策PCメガネ ブルーライト ※約48%カット 男女兼用フリーサイズ 専用ポーチ付 ブラック都心から少し離れた我が家周辺では、なんだか先の週末から急に春がやってきた感じです。

娘の通う保育園の隣の幼稚園に大きな桜があるのですが、金曜日には全然咲いていなかったのに、昨日(月曜日)は、8分咲きでした。

春と言えば、花粉もガンガン飛んでくるのに、今年の私の花粉症は鼻よりも目に来ています。

今年は花粉対策用の眼鏡もつけているので、例年以上にガードしているつもりなんですが、それでもかゆいです・・・・。

一番過ごしやすい季節の春は、長く続いて欲しいと思うのですが、花粉だけは早く収束して欲しいです

[`evernote` not found]
[`yahoo` not found]
LinkedIn にシェア
LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

岡本 興一

クライアント経営者からは「カウンセラー」と呼ばれている自称「IT活用コンサルタント」。 ホームページ制作の依頼があっても、経営改善のための社長カウンセリングが始まり、なかなか制作が始まらないということで有名。 1971年生まれ。国立大阪大学工学部卒業。 ネットとITに詳しい経営者のサポーターで、仕組み作りのプロフェッショナル。 PHS販売数日本一の通販サイトや、圧倒的な売上を作るホテルのサイトなど多数プロデュースし、インターネットやITを経営に役立てるためのノウハウを常に仕入れ、実践しているだけでなく、経営に関する様々なノウハウ、メソッドの研究を行っており企業の「戦略」策定能力には定評がある。 保有資格:ITコーディネータ / CompTIA e-Biz+ / TCAE /公認情報セキュリティ監査人 / 情報セキュリティアドミニストレータ / CSMS(米国SEW認定SEO/SEM スペシャリスト)など多数
Copyright (C) Something4 Co.,Ltd. All Rights Reserved.